おとなしい人がフリーランスになるには

人は大きく分けて、よくしゃべり社交的な人と、あまり喋らず社交的ではない人がいます。


これらの人にはそれぞれ適性があります。前者の社交的でよくしゃべるタイプは押しが強いため営業職などに向きます。

反対に後者のおとなしく社交的ではないタイプは、何か職人的な仕事をするのに向きます。

フリーランスや経営者でうまくいくタイプは前者のタイプになります。

顧客をとることが得意な人が多いからです。



では、後者のおとなしく社交的ではないタイプの人がフリーランスや経営者になるとどうなるでしょうか。

典型的な例としてはなかなか顧客が集まらず独立してもうまくいかない可能性が高くなります。


では、おとなしいタイプはフリーランスや経営者にならないほうがいいのでしょうか。



結論から言えば、そんなことはありません。


世の中には、よくしゃべり社交的な人が目立つため、そのようなフリーランスや経営者が多く感じますが、おとなしい社長や個人事業主も少なくありません。

では、どうしたら独立して成功することができるでしょうか。

おとなしい人は、まず、訪問営業を得意としませんので、社交的でよく喋る人と同じやり方をしてはいけません。



自分は社交的ではないのに社交的な人を真似してもなかなかうまくいかないですし、うまくいったとしてもストレスが溜まります。

自分らしくないやり方をずっと続けていくとすれば大きな負担になるに違いありません。
おとなしい人の場合には、チラシやサイトを利用して文章で訴えるべきです。