フリーランスになるとわかること

最近はフリーランスが増えて来ていますが、フリーランスの魅力は自分で仕事を作ることが出来ることです。


会社員だった人がフリーランスになることが多くなっていますが、これは今まで勤めていた会社に不満を感じていることが原因になっていることが多いです。


例えば、自分はもっと実力があるはずなのによりよい仕事を与えられないと言う不満や、周りの仕事が出来ない人や仕事をそこまで真剣にやっていない人と大して給料が変わらないと言った不満です。



これらの不満が噴出する前に多くの人は悩むでしょう。



もし、実力がある人ならフリーに転身した方が何倍も自分のためになりますし、世の中のためにもなります。

フリーに転身すると、今まで見えてこなかった会社のありがたみがわかるようになります。

例えば、厚生年金に入ることが出来ないことや、安定した収入がないことです。


特にフリーになったばかりの頃は仕事を見つけるのも一筋縄ではいきません。1年間や2年間は今までのように収入を得ることができない場合もあります。
その間ずっと赤字だとすれば、自分の選択は果たして正しかったのかと疑問に思うはずです。ですが、そこで妥協して会社員に戻ってしまっては意味がありません。
本当に自分らしく行く生きるという選択をするならば、会社員でいることに悩んだ人は是非フリーの仕事を全うするべきです。
このためには、少なくともある程度お金を貯めてフリーになる必要があります。



2年分のお金は貯めておきましょう。